フリーターでもカードローンでキャッシングはできます?

フリーターがカードローンで融資を受けることは可能?

 

近年、正社員の道を選ばずアルバイトなどのフリーターとして生計を立てている人が増加傾向にあり、中には正社員以上の収入を稼いでいる人もいます。

 

しかし正社員と比較してフリーターというのは、社会的な信頼が低いことから「消費者金融(サラ金)や銀行のカードローンでキャッシングは出来ないのではないか?」と考えてしまうかもしれません。

 

しかし、そこは全く心配する必要はありません。

 

フリーターであってもきちんと安定収入があるワケですから、審査上は融資をしてもらうことが可能なのです。

 

特に大手消費者金融は、業種や雇用形態問わないですし、条件を満たすと即日借入ができ、さらに土日や祝日も自動契約機を利用してお金を借りれるので本当に便利です。

 

ただし全てのフリーターが審査通過出来るとは限りません。

 

各消費者金融では決して甘くは無い審査基準を定めているので、審査の上、融資を断られてしまうこともあるのでご注意ください。

 

また審査の終盤で、在籍確認と呼ばれる本人確認電話が行われます。

 

これは申し込み書に書かれているバイト先・勤務先に本当に在籍しているのかを確認するための審査であり、在籍確認が取れなければ審査は完了しません。

 

最近では在籍確認電話無しで申し込み可能な消費者金融もありますが、そのためには数々の条件を満たしている必要があるのであまり利便性が高いとは言えません。

 

ただし、在籍確認電話がアルバイト先に来ても「カードローンの担当の個人名」で電話してきます。

 

そのため、基本的にバイト仲間や店長などにバレる湖とはありませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。